群馬で焚き火を楽しむ2。

query_builder 2021/07/19
ブログ
018d32f5

今回は焚き火の際の薪の組み方について書きたいと思います。

焚き火は安定した酸素をいかに供給できるかが重要になります。

一番スタンダードな薪組みは並列型です。

まずは一番下に枕木をおき、その上に薪を並列か放射状に重ねていく並列型です。

安定して燃焼するオーソドックスな組み方で、焚き火で調理する際にも向いています。

また着火までがスムーズで、薪を足しやすいという利点もあります。

また次回、組み方について書きたいと思います。

NEW

  • 群馬県桐生市で薪ストーブのメンテナンスを行いました。

    query_builder 2022/08/10
  • 群馬県伊勢崎市の薪ストーブ専門店GKWORKSの夏季休業のお知らせです。

    query_builder 2022/08/09
  • 群馬県前橋市で薪ストーブのメンテナンス、煙突の掃除を行いました。

    query_builder 2022/08/09
  • 群馬県伊勢崎市の薪ストーブ用の薪棚。簡略工法。

    query_builder 2022/08/07
  • 群馬県伊勢崎市で2年前の薪活の写真を発見しました。

    query_builder 2022/08/05

CATEGORY

ARCHIVE